LINEで誠実な交流を

LINE(ライン)を利用して出会いを探すならば誠実な交流をして欲しい。
LINE(アプリケーション)の掲示板が話題になっている。
利用する前にはしっかりと理解をしておきたい。

インターネットを活用してメールでコミュニケーションを取る。
そして出会いに繋げていこうというのがLINE(ライン)掲示板だ。
利用するにはユーザーの一般常識や礼儀があるかどうかがとても大切な部分になる。

初対面でも現実の世界ならば相手の顔も見えるし声のトーンなどから察することができる。
ある一定レベルの水準のマナーを持った交際ができるだろう。
しかし顔が見えないメールの場合はそうではない。
失礼なことも言ってしまうことがある――文章を書くということは簡単ではないのだ。

自分の気持ちをキチンと表現できる文章表現能力が要求される。
こういったインターネットツールを利用する場合には文章表現力が必須だ。
上手な交際ができない人は社会生活ができなくなる可能性があるので関連書籍を購入してスキルアップしておこう。

自分を必要以上に良く見せたいという気持ちはある。
相手に見えないからイメージを膨らまさせる表現をすると誤解が生じる。
場合によっては意図的に誤解させるような表現を用いることもある
しかしキチンとした出会いをしたいならば等身大の自分の姿を見せて誠実な交流をすることだ。

最悪なのはウソをつくこと。
いずれはバレてしまうのだ。
そうなれば不審感だらけになってしまう。
関係は一挙に破綻してしまうだろう。
そんな交際は時間の浪費にすぎないということをしっかりと心に刻んでおいて欲しい。

様々なツールを利用しよう

LINE(ライン)を上手につかって出会いを探すにはいろいろなツールを平行して利用すること!
LINE(アプリケーション)はとても人気になっており大抵の若者のスマートフォンにはダウンロードされているアプリだ。
「出会いはない」とされているがそれは当然だ。

もともとが面識のない人たち同士が出会いをする目的のアプリではない。
しかしやり方次第では<出会い系アプリ>という使い方ができる。
基本的に出会いを目的とする利用は利用規約に反するから見つかればアカウント削除されることもあるから覚悟してほしい。

削除されたら一切LINE(ライン)を使うことはできなくなるので不便になるだろう。
そういった条件のもとで利用方法を考えてみよう。

「友だちを紹介してもらいやすい」――これがLINE(ライン)のメリットでもある。
メル友自体を友だちから紹介される……こんなシーンはあまり遭遇しないだろう。
相互に仲が良いからメル友になるのであるからだ。
たとえ友だちから紹介されたとしても積極的にやりとりしなければ音信不通になる。
つまりメル友になることはないのだ。

LINE(アプリケーション)の場合はどうだろう。
アプリ上で友だちを増やすだけだ。
メル友ほどハードルが高いことはない。
チャット方式だから暇な時間に雑談することもできるのだ。
メル友とは比較にならないほど気軽な利用ができる。

こういった視点からみると最適なアプリだと言える
けれども「紹介されても後々面倒かなぁ!」と感じる人もいる。
そんな場合はLINE掲示板というLINE(ライン)の非公認サイトがある。

掲示板には次のような人たちが集まってアクセスしている。
・LINE(ライン)上で出会いを期待している人。
・楽しい会話ができる相手を探している人。

掲示板では個人のプロフィールやLINE(ライン)に割り振られているIDが書き込まれるのが一般的だ。
それで検索すれば面識がない人との出会いが実現できる。
しかしLINE(ライン)だけに頼るのは<非常に危険だ>ということを認識して欲しい。

インターネットは匿名性が強い特徴がある。
出会うならば掲示板だけに頼っていたらトラブルに巻き込まれる。
Twitter・Facebook・出会い系サイトなどさまざまなツールを平行して利用してその人物を徹底的に調べ上げる用意周到さが必須だ。

サクラとのやりとりを経験すれば見分けられる。

LINE(ライン)掲示板や出会い系サイトはサクラの印象が強い。
多く出没するのは「ポイント課金制」の出会い系サイトだ。
「完全無料」の出会い系サイトでも見かけるが明確に「有料」出会い系サイトへ誘導をかけているので騙されるような人は余程注意力散漫な人だろう。

一番注意しなければならないのは「ポイント課金制」の出会い系サイトでサクラの宝庫だと言われている。
できるだけ男性ユーザーに多くのポイントを使わせようとしてメールを長引かせる。
サクラは男性を仕事の対象としか見ていないのでLINE(ライン)IDを交換することはしてくれない。
もちろん実際にデートしてくれるなどはあり得ない。

その女性がサクラかどうか――これを見分けるのは大体わかってくるだろう。
多くの男性に対してアプローチしているのが一般的だ。
個人個人とのやりとりの詳細を覚えているのは不可能だ。
だから会話がかみ合わなく不自然なことがでてくる。
これを「天然の女性だ!」なんて思い込まないことだ。

また通常インターネットでは女性が積極的に行動してくるのはありえない。
受け身じゃなく意欲的な女性は99%サクラ候補である。
このように分かりやすい見え見えのサクラならば見抜きやすい。
しかしサクラの手口は巧妙化して複雑化してきている。
初心者なら赤子の手を捻るが如く簡単に騙されてしまうだろう。

サクラに騙されないようにするには「定額制」の出会い系サイトを利用することだ。
ここならば毎月の金額は一定だからサクラの仕事はないからだ。
まあある程度サクラとのやりとりをすれば経験値としてあがりサクラを見抜く眼力も養われるだろう。

男性と女性のモチベーションの差

LINE(ライン)社は一部上場するという話もでている程人気のアプリだ。
このLINE(ライン)IDを交換しようとするインターネットツールがLINE(アプリケーション)掲示板と呼ばれる場所だ。
しかしながらここで男性が女性を口説くのは簡単にはいかない。

その理由は男性と女性の間のモチベーションの差があるからだ。
男性の目的は女性とセックスすることだ。
そういった希望がるからこそ掲示板に登録してLINE(ライン)IDをゲットして切っ掛けを作ろうとする。
けれども女性はそんな気持ちはほとんど持っていない。
単なる友だち作りや暇つぶし感覚でしかないのだ。

こういった実態があるにもかかわらず掲示板では如何にも美味しい話がありそうな文言であおり立てている。
男女共「会いたい!」と思っているならばいいだろう。
でもそういった人たちはSNSスタイルの出会い系サイトに登録していないだろうか?

LINE(ライン)掲示板に走っても相互の目的が一致することはない。
にもかからずLINE(ライン)人気に乗じて掲示板を立ち上げて金儲けを企んでいるのである。
どうしても掲示板にこだわられるならば、女性の方から男性に会いたいと思わせるようなマインドコントロールをかけるしかない。

こまったことに掲示板では女性の人数が圧倒的に少ない。
競争率も激しいからどうしても強引な誘い文句・口説き文句が多くなる。
そういった焦りの気持ちを女性がどう受け止めるかは歴然としている。

「どうしても会いたい」
「エッチをしたい」
そんな下心は見え見えになってしまう。
これが男女のモチベーションの差である。

LINE(ライン)で出会いを実現する確率は極めて少ない。
試しにLINE(ライン)掲示板を使ってみれば良いだろう。
そして実感したあとで出会い系サイトを使えば良さが見えてくるはずだ。

LINEと出会い系サイトは全く別のもの!

LINE(ライン)と出会い系サイトは全く別のものである。
中には出会い系サイトと同じものであると誤解している人がいる。
出会いを目的にしたコンテンツではない。
今回はどこが違うかを対比して説明しよう。

まずは出会い系サイトの特徴だ。
利用できる条件は18歳以上で高校生でないことがある。
登録するには年齢認証が必須で本人確認書類の提出が必要だ。

運営するには出会い系サイト規制法のガイドラインに沿った届出が必要である。
きちんとした運営管理ができなければ出会い系サイトは継続できないようになっている。

ではLINE(ライン)はどうだろうか?
中学生でも高校生でも小学生でも利用できるのがLINE(アプリケーション)だ。
年齢制限は一切ない。

基本的に利用制限は極めて緩い設定になっている。
しかし直接会員同士が出会うことには厳しく規制されている。
出会いを誘うような書き込みがあればアカウントが停止されることもある。

利用規約にも<出会い目的は禁止行為である>と明記されているのだ。
LINE(ライン)を決して出会い系サイトの代用品と利用しないように使わなければならない。
異性との出会いを望むならば出会い系サイトを利用するのが賢明だ。

出会えても調子に乗らないこと!

LINE(ライン)のIDを交換する目的の掲示板があちらこちらに立ち上げられている。
上手に使いこなすのは<冷静さをなくさないこと>だ。
男性は一度女性とデートできるともっともっと会いたいという気持ちが膨らむ。
そして相手の女性にのめり込む事態になってしまうことも多い。

こういった男性の行動を女性はウザく感じる。
警戒心や猜疑心を持つ前の話でこういった男性は鬱陶しい存在だ。
ウザイ男性は女性を苛つかせるだけで交際を断ることが多い。

LINE(ライン)のIDを交換できても出会いになるまでは<ウザイ>とか<しつこい>と思わせないようなアプローチが大切だ。
男性は女性とデートするならどんな努力でもするだろう。
けれども女性はそこまで執着することはない。

特にインターネット上での男女交際に関して言えば女性の数がとても少ないので<女王様的なポジション>にあるのだ。
女性もそのことを当然知っている。
「待ち合わせの場所を工夫する」「女性の都合に100%合わせる」という気配りはmustである。
けれどもそんな努力が行きすぎるとストーカー認定される犯罪行為として判断されることもある。

一度デートすると男性は「俺の女だ!」なんて調子にのりやすい。
メールを頻繁に送ったり次のデートを強要したりする。
折角好意的な感情を持っていてもあなたの豹変ぶりが酷い場合は二人の関係は破綻するだろう。
ページ上部に